高血圧を改善しよう|病気を寄せ付けない身体に

レディー
和食

血圧が高くなると

高血圧とは、最高血圧と最低血圧が高い状態を指します。高血圧になっている状態では血管に負担が掛かっており、将来的にさまざまな病疾患の原因となります。このため適正な血圧に改善することが求められます。改善する方法としては食生活や生活習慣を工夫することで適正な値にすることが出来ます。

塩分の摂りすぎによる病気

食事する男性

放置すると重大な病気に

高血圧とは安静しにしている状態で、血圧が正常値用よりも高い状態を言います。そして突発的な血圧の上昇ではなく、慢性的に血圧が正常値を超えている状態が高血圧です。高血圧になる主な原因は、塩分の摂りすぎ、運動不足、肥満、ストレス、血管の衰えなどであり、日常生活の送り方に大きな関係があります。また腎臓病やホルモン異常、遺伝も高血圧になる要因となります。高血圧を放置してしまうと、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの脳卒中になるリスクが最も高くなり、心筋梗塞や狭心症などの危険も高めてしまいます。高血圧の症状は注意していれば体の異常に気付きやすく、頭痛や耳鳴り、肩こり、めまいなどが続く時は注意が必要です。また動悸や呼吸困難の症状がある場合は、かなり危険な状態と言えます。

食生活の見直しが重要

高血圧に気が付いたら何よりも受診する事が重要で、原因を突き止め改善して行かなければなりません。原因が食生活にある場合には、栄養バランスの偏りと塩分の摂りすぎに注意して、普段の食生活から改善して行かなければなりません。高血圧を食事で改善するには、野菜、果物、魚類、豆類、ナッツ類などを中心にして、組み合わせて摂ると効果的と言われています。またカルシウムの不足は、心臓や血管を収縮させて血圧を上昇させる原因となる副甲状腺ホルモンやビタミンDを分泌しやすくなるので、充分なカルシウムを摂る事が大切です。そして運動不足やお酒の飲み過ぎなどの生活習慣を改善しなければなりません。適度な運動は、交感神経の働きを低下させ血管を拡張するので血圧を下げる効果があります。またお酒の飲み過ぎは血圧を上げてしまい、この状態が続く事で心疾患のリスクを高める原因となってしまいます。

食事

食生活を見直しましょう

正常血圧の基準値よりも高い状態で維持されることを、一般的には高血圧といって必要な治療をとります。この疾患の原因は、食生活が重要なキーポイントの一つで、状態を改善するには家族の協力が必要です。まずは食事の量が適切であるかなどの、見直しが手軽にできることから始めましょう。

お米を食べる女性

血圧を安定させる

高血圧を改善するには、まずは毎日の食事から見直していく必要があります。心筋梗塞や脳梗塞などの命にもかかわるような重大な合併症に気をつけながら、日々の食事を制限できる部分は制限していくことが大事になります。